利益を求めて失敗したからこそ分かった本物のブランド買取

専門の鑑定士が金額から接客まで、お客様満足のために丁寧に鑑定

「店舗を拡大し、より多くの人にブランドアイを知ってもらおう」
以前の私は利益を得ることを第一に経営をしていました。
その結果、「お客様が満足できない買取、鑑定士の教育不足、
多額の費用」などの情けないほどの失敗を繰り返してきました。
失敗を多く重ねた後、「お客様が満足して、喜ぶ買取をさせていただく」
これが最も大切なことだと気が付くことができました。
私たちは今までに行ってきたことをすべて見直し改善することで、
お客様のためのより良いブランドアイへと成長していきました。

利益を大きくしようと、会社を大きくすることばかり考えていました。強引な拡大路線は目先の利益は上がりますが、
「お客様が満足する価格を提示できない」「経費の捻出に追われる」「店舗を定期的に回るので、お客様と接する時間が減る」「お店や鑑定士に対して隅々まで目が行き届かない」などの弊害が多く出てきました。
その結果、お客様の満足を得られず、客足は遠のいていきました。

「とにかく多くの方に知ってもらい、集客率を増やそう」と、雑誌や広告紙に力と
お金をかけていましたが、だからといって信用が得られるわけではありませんでした。
そこで広告費用を見直し、大幅に削減していきました。

売上を伸ばすため、他社の出店に対抗して新規出店をし続けましたが、多額の家賃をまかなうために自然と売上を
重視してしまうようになり、お客様に満足いただけるような買取価格を提示できませんでした。

新規出店と共に、社員や鑑定士を大幅に増員しました。
しかしその結果、鑑定士の教育が行き届かずにコピー品を買い取ってしまったり、
お客様が十分に満足していただけないまま買取をしてしまうという問題が
起こっていってしまいました。
そこで店舗集約と共に鑑定士を少数精鋭にして能力向上を図りました。

多額の広告費や家賃、人件費にお金を注ぎ込んでいましたが、意識改革と経費削減で、多額の経費を
捻出する必要がなくなったので、お客様のブランド品の価値をそのまま買取価格に反映できるようになり、
買取価格と共に、顧客満足度を大幅にアップすることができるようになりました。

1店舗にしたことで社内全体に目が行き届くようになり、
社員の教育や接客応対も向上しました。
お客様の大切な品物とのお話を伺いながら価値をしっかり鑑定し、
買取後、来て良かったと思っていただける買取をすることを
私たちブランドアイは日々心掛けています。

ブランドアイでは、お客様にもルーペをお渡しして、ご一緒に査定のポイントなどをご確認いただき
ならがらの鑑定もしています。細かな説明や商品の状態の説明を聞いた上で、ご自分の目でも
お確かめいただけます。

1店舗になったことで多くの鑑定士を雇う必要がなくなったので、社員教育が
徹底できるようになり、高い鑑定技術をもった鑑定士を育てることができました。
また、常に接客や鑑定に携わることで、商品知識や相場感覚も養われ、少数精鋭の
熟練の鑑定士による質の高い鑑定
が可能になりました。しっかりと説明も行い、
お客様に納得いただいた上で買取りますので、安心してお越しください。

ちょっと見ただけでは分からない細かい細工もブランド品のこだわりの一つです。例えば、このカルティエの時計も文字盤のXのフォントに「CARTIER」のロゴが刻まれています。

国内の販売先だけだと、人気がなくなると値段が付けられなくなりますが、中国など海外にさまざまな販売先を
持っているので、国内人気に左右されず安定して高価買取が行えます。

日本での需要がなくて値段が付かなかった商品も、外国人が買うようになり値段が上がってきています。

現在、本物のブランド品を強く求める中国の富裕層の方々に
鑑定の実力を認められ、2ヵ月に1度中国で鑑定イベントを
行っています。中国ではまだまだブランド品の買取や鑑定は
浸透していませんが、買い求めたいという顧客は年々増加し、
日本での買取が追いつかないほどです。
「買取ってくれてありがとう」「本物を売ってくれてありがとう」
両国から求められ、喜んでいただけることがとても嬉しいです。

  • 長年愛用していたバッグを高く買って頂いて大満足
  • 詳しい説明があり、買取額にも納得できました。
  • 初めてでしたが、安心して取引できました。
  • 機会があれば、また利用したいです。
  • 事前査定で聞いた額より高くなり嬉しかったです。

社員を振り回し、会社拡大だけしか考えていなかった時は、お客様が本当に
求めている、「自分の大切なものを、しっかりとした鑑定技術で査定してほしい」
というたったひとつのことにすら気付けませんでした。
リピーターなし、スタッフの不満、来客の減少、莫大な家賃と広告費を
目の前にして、自分がしてきたことがどれだけ間違っていたかを知った時は
お客様、スタッフ、今まで支えてくれた方々に本当に申し訳なく思い、
考え方を180度変えて、お客様目線で仕事に挑むと決意しました。
今考えると、当時そんなことがなぜわからなかったのか?と不思議になりますが
身を持って失敗してきたからこそわかったことがあると、日々感じています。

店舗情報はこちら
LINE査定
お問い合わせはこちら